8/20

『ダンサーインザダーク』の感想ツイキャスやりました。お疲れ様です。

 

人と喋るので言わなかったんですけど、なんかこの映画観て後半一時間くらいずっと泣いてた。感動とかつらいとかじゃなくて。親子関係の描写がね……。

 

自分の親の処刑を想像して、もう何とも言えない感じになった。親の気持ちはどこに行くんだろう。子供のことを本当に考えているのか?  それでも親の気持ちはどこかへ向かう。

私は映画中の息子(12才)より年上だし、家の経済力も上だ。身体的障害もない。けど、似てる。この親子関係と私の親子関係は。観ていて何もかもぶち壊したくなった。

 

 

現代文をやっている。難しくてやめてしまう。やる気もない。何か本を読む気にもなれない。何にもやる気がなくなってしまった。まただ、と思う、というのを何度もやってる気がする。

 

何も分からないわけではないけど、あえて「何も分からなくなってしまった」と言う。どうすれば生きられるのか、どうすれば考えることができるのか、どうすれば本を読めるのか。分からないし、何もしたくない。何もしたくなくて眠るけど、いくらか寝ると寝たくなくなる。

 

最近の夢がこわい。舌を切った子供が鉛筆で私を刺そうとしてきたり、今までの人生で見てきたテレビ全てがブラウン管テレビになってそれらの電源を切りまくったり、田んぼ道に閉じ込められたり(←意味不明)。楽しくない。ただこわい。

 

楽しく人生が送れればいいのに。楽しく本を読んだり楽しく友人と話したり楽しく勉強できればいいのにな。なんでできないんだろうな。できそうでな。できろよ。できません。

 

眠い。現実をやめたい。もう何年もこんなうじうじやってるのに、何もかもだめだ。明日精神科に電話しよう。あと明日は美大予備校に行って進路についての面談があるんだ。行かないと。

 

牛乳だけはひたすら飲む。どうせなら背を伸ばしたい。牛乳を飲むことは簡単だ。牛乳を飲んでも楽しくはないけど。死んだら骨が残る。

 

つまらないことばかり言っている。

8/19

こんばんは。読者に話しかける形式を取れるくらい、精神が安定している。こんばんは。

 

私の机の後ろにはクローゼットがありまして、半年くらい前に中を掃除&整理しまして、人がひとりうずくまれるくらいのスペースをつくったのです。作らなければ良いものを、という感じですけど。今日はそこでうずくまってました。眼を開けても閉じても同じように真っ暗という、真の闇が体験できます。楽しくはない。

 

本日21時より、藤野裕子さん(@fujinoyuko 歴史屋だそうです)のツイキャスがありました。聞きました。小学生向けに歴史を楽しんでもらえるような自由研究を考えよう、とのことで。なんか平和だった。「小学五年生の時、世界遺産の遺跡のレンガとか持って帰っちゃったんだよね」「どんぐりクッキー絶対不味いけど、一回だけ作ってみたいよね」「(有名な先生が幼い頃の自由研究の話)中学生で古文書読んでたんだ。ハードル高いわ。レベル違う」などなど。

なんか良いですね。コメントを次々拾って「~いいよね」と言って、話題につなげていく感じ。あと「このままじゃつまんないから」というのもいいなって思った。現状がつまらないから対策考えよう、っていいな~。参考になりました。

 

ツイキャスつながりで宣伝するんですけど、明日8/20(日)の23:00~24:00、「まだふわ」(@madafuwa)っていう感想会のキャスに出ます。今回は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を観た上で感想を喋るって感じです。作品はまだ観てません。明日観ます。一回観てるんですけど、再視聴しないとね。さすがにね。

 

今日、兄がテレビゲームしてたので見てたら、だいぶ精神が回復した。やっぱ家族って大切だよなー、ゲームしてもいい家庭に生まれて家族と楽しく生活したいです。無理だけど。そもそも今日は両親は睡眠中だったのだ。

 

相変わらず脈絡のない文章ですいません。思い出しながら書いてます。

今日も、昨日に引き続き現代文をやってました。斎藤純一『社会的連帯の理由』をまとめてたんですけど、難しいです。なんとも。進まない。

まとめながら読んでるんですよ。なんかそれが悪いのかなー。一回、このテキストの文章全部読むか。その方がいい気がする。全体像もつかめるし。流れが分かるし。というか以前はそうしていた記憶がある。戻そう。

もうすぐ、今やってる現代文のテキストが終わる。次のテキストに移んなきゃ。次のテキストってのは「上級現代文1」ってやつ。簡単なのかな。知らん。高一くらいで配られたもの。

 

ネットで交友関係を増やしていこう。それしかない。今日はなんだか楽だ。今からダンサーインザダーク観るか。クローゼットの中で。ビョークを観察しよう。ビョーク!!!!

 

はい。頑張っていこう。がんばっていきます。刹那な感じ。刹那にしない為の対策を練るのだ。家族はもうどうしようもないし、受験とか勉強とかもどうしようもないけどな。そして私の今のところの人生、それが大半っぽいけどな。もう分からん。家族つらい。うーん、こればっかりはなー! もうね、惜しい。惜しいですよね。もっと柔らかい家庭に生まれてもよかったんじゃ……? 神様無言。はいはい。

 

今から映画観て、現代文やって、勉強の楽しい進め方など考えます。おやすみなさい。

8/18


f:id:Mti:20170819030224j:image
f:id:Mti:20170819030001j:image
f:id:Mti:20170819030036j:image


美大予備校の夏期講習をキャンセルした。志望校の面談のため、来週来てほしいとのことだ。今になって志望校が見えない、勉強しないでフラフラしているのは、やはり客観的に見てヤバいんだろうな~。

 

今日は歯を磨きながら音楽を聴いていたら親に怒られたので、なるほどね~~~~~~~という感じです。大学行かずに就職するのとかどうかな、とか思ったけど大学行かないと就職できません。

 

部屋の掃除をしてお風呂に入って、というのは本当に効く。冷静になんないとだめです。過呼吸のまま生きていけないです。死にたくないです。

 

ほんとに。死にたくないです。どうしても死にたくない。今の環境からは死んで解放されたいと思うけど、未来にはいろいろやってみたいことがあるので。死にたくないです。

 

というかな~。自分が一人暮らししているんだと錯覚しようかな。錯覚するよう仕向けようかな。メディアを調節すればいいんだもんな。目を閉じて、耳を塞いでしまえばいいんだもんね。視界を別のところへやって、イヤホンで音楽を聴いていればいいんだ。

 

とりあえず現代文をやる。やる気が出てきたのでやる。英語と世界史も、仕方なくやるか~という感じですが、ちょっと面倒くさいです。単語とか、世界史の出来事一つ一つとか、暗記するのが面倒です。どうすればいいんですかね。

 

牛乳を飲んでいる。背を伸ばしたい。爪にネイルオイルを塗った。冷静でいなければ。

8/17

まずは冷静になって。書く。なぜ書くのか?  今なぜかようやく書けるようになったから。

 

本を読んでいたら親にものすごく怒られた。というのが昼、じゃなくて夕方。今日ぼくが何時に起きて、何をしたのか思い出せない。とりあえず怒られて嫌になったことは覚えている。

無為に動画サイトを覗いたりTwitterのTLをスクロールしたりしていた。ような気がする。気付いたら爪がぼろぼろになっていた。ストレスがすごくて指は痛いし、お腹も痛いし、首に締め付けるような圧迫感を覚えている。耳鳴りと幻覚が少しある。動悸がすごい。下顎がだらーってなる。歩こうとしても足が前に行かない。

 

カッターで左手の甲を刺せば、救急車に運ばれて何かしら進展するような気がする。ストレスがすごいのは前述の通りで、行動に突発性が生じてくる。突然叫ぶかもしれない(二度発狂したことがあるので十分にありうる)し、カッターでぶすりというのもありうる。ずっとやるかやるまいか考えていた。というかイメージしていた。

 

毒親診断をふとやってみたら、69%という非常に微妙な数字が出た。こういう時は「10000%親が悪い。君はよく頑張った。都の方に連絡したので、練馬区に住んでいいよ」みたいなプレゼントがほしい。別に、絶対的に親が悪いとは全く思わないが、変に客観的チックな数値を出されても、それは使えない数字だと思う。

 

質問で、「暴力を受けていた   y/n」というのがあって、私は受けたことがあるのでイエスを押したけど、程度は軽い方だ。物を投げられたりつねられたり蹴られたりビンタされたり階段から落とされたりというのは、全然軽い方だと推測できる。もっとアザができ血が出るくらいに殴られるとかされてる人もいるに違いない。また、「性的虐待を受けていた   y/n」というのもあった。私はノー。いつも思うが、性的虐待をされるというのは想像を絶する。

 

死にたすぎる。すごく死にたい。どうしても死にたい。積極的に、消極性へ向かう。変な話だ。

 

明日海に行くとなると、着替え、化粧、ご飯、髪、そして移動など、ハードルの高いことがわんさかある。それが出来たとして、海で誰かに話し掛けられたとしてもコミュニケーションできないだろうと思う。話をすることができない。

 

 どうすればいいんだろう、という意味のない質問はどうでもいい。死にたい。どうしても。だから死ぬのだ。でも死んではだめだ。でもどうしても死にたい。

 

眠い。意識があっちへいってしまう。

8/16

本日もまた、よく分からない曖昧な時空として通り過ぎていった。色や形や音、意味や動き、それらは判然することもなくすれ違う。

 

今自分が悩みを抱えているとしよう。悩みを解決せんと、やっきになるかもしれない。それで上手くいくなら申し分はない。しかし上手くいかないのなら、違う策に転じてみても良い。それがどんなに下らなく間違った策に見えようと、どんなに空しい策に見えようと。なぜなら下らないとか間違っているとか空しいとか色々と判断するその判断は、全く信用ならないからである。

 

髪を切った。食事をした。部屋をうろうろした。窓を開けたり閉めたりした。家族の足音に怯えていた。コクトーの本をひたすら音読した。

 

コクトーの本と言っても、この間の続きに過ぎない。全然読めない。けど今日は40頁くらい読んだと思う。一時間くらいで、途切れ途切れに読んだ。後半は意識が集中してすらすら読めた。読書の方法として、多くの人が、架空の声を想像しているのだそうだ。ある女の台詞はこんな声、地の文はこんな声、といったイメージがあるという。私にはない。だからあえて音読してみた。気持ちを込めて読んだ訳ではないが、スムーズに読めることに感動した。面白い本だと思った。

 

佐藤亜紀曰く、人間の知覚の発達はそれぞれなので、音楽が分からないとか小説が分からないとかでも何ら問題はないそうだ。これは私の小説に対する認識の仕方とて例外ではないように思われる。

 

美大予備校の夏期講習をキャンセルしようかどうか悩んでいる。早めに判断すべきだ。しかしキャンセルするということは、美大受験をしないということに繋がっているとも思える。いや、夏期講習だけキャンセルして、夏は好きなように勉強したり遊んだりしようかな。大学の判断はひとまず保留にして。

 

数学とか英語とかをやりたい。数学の教材はこれhttp://www.gakushuin.ac.jp/~881791/mathbook/index.html で、英語の教材はこれ https://wired.jp/ の原文で。やってみようと思った。やるかは分からない。明日やるかもしれない。面倒でやらないかもしれない。

 

今まで、人生に問題を提起して解決することを目標としていた。しかし今や、問題の外側へ行く。問題をあえて認識しない。というか、問題を問題と認識するか否かという問題を私は抱えているので、問題を認識すること自体不可能なことだとも言える。

 

夏休みが死にそうだ。学校に行きたくない。近く、センター模試がある。いろいろ心配してしまう。しかしそれら全てを差し置いてくつろぐのもありかもしれない。私の家族は愚かだ。他の人がどんな風に趣味にいそしむのかを知らない。今の私くらい切羽詰まったことがなくとも(受験とか)、もう少しゆったりしている人も多いのではないかと思った。

 

今日牛乳を飲んでいない。牛乳を飲まないと、背は伸びない。

8/15

何を考えればいいのか。私が忙しく映画を観たり予備校に行く日と、今日のように何もない日は、何が違うのだろうか。

 

銭湯に行った。精神病とかに良いとか何とか言っていたので、サウナと水風呂の往復をやってみた。水風呂に入っていると手足が痛くて我慢できない。何度も往復していたら平衡感覚を失って世界がロデオマシンみたくなった。怖くなってやめた。

 

もう寝る。私はこれを書いて眠る。Bill Evansを聴いていたら、広告でRADWIMPSの曲が流れた。

 

何かを書いては消した。自分が書くこと思うこと為すことが、つまらないか間違っているかのどちらかのように思われる。実際そう。

 

痛みのないまま消える気がした。

8/14

夜。家族が帰省したので、私は酒場へ行った。何かあると思った。

 

ハイボールなりビールなり飲んだり煙草を吸って、人とべらべら喋ったりくっついたりしている内に、何かわかることがあった。欲求の認識において、例えば「今やりたいことはなんだろう」とその瞬間瞬間で考えると疲れてしまう。もっと長い期間で欲求を決めてもいいのかもしれない。分からない。けれどもこの考えは今の私を動かす動機になりそうだ。

 

なぜ未成年で酒場に行くなんて不良なことをしたのかって、夕方ジム・ジャームッシュパーマネント・バケーション』を観たからだ。主人公は自分を旅人touristと呼ぶ。この世界は部屋で出来ていて、それぞれ人が住む部屋と、その人は似るそうだ。そして主人公はある一つの部屋にじっとしていられないので、漂流する。

 

観ていて思ったのは、私は海へ行ったり人と話したり酒場へ行ったりといった、避けるべきと思うようなことを敢えてすると、案外現状を打破できるのでは、ということだ。そして、なんとなくだが、少し意固地になってもいい気もした。私は何に関しても判断をふらつかせる。なぜなら決め得ないからだ。しかし時間が経つにつれ、我々は絶対に行為をしてしまう。「夏休みの宿題は絶対やる」とか「この本を今日中に読む」とか「この大学に入る」とかそういうのは判断をしずらいものであり、判断せずとも我々は何かをせざるをえない(やる/やらないを含めて)。それで、現状いまいち決められないんだとしたら、もう意固地になって「やるんだ」としてしまってもいいのかもしれないと思った。いつまで続くのかしらないけど。

 

家族が家にいない。それはなんと素晴らしいことか。自由を感じる。どこに寝っ転がって本を読んでもいい。一人暮らしが大切な気がしてきた。

 

美大に行かない選択肢がある。私はこれから美大に行く/行かないの選択をするけれども、それは今回提案していただいたこと、友人や先生に相談したり色々調べたこと、親ともめたこと、夏期講習に行ったこと、全てが今の私を構成しているのだから、とても意味のあることだと思う。

 

髪を切りに行けなかった。明日何としてでも行こう。あと海も行かなきゃ。そんな簡単に事は運ばないような、嫌な前兆が私の頬をかすめた。