7/22

・現代文 国公立大演習 河野哲也『意識は実在しない』

 >昨日の続き。まだ終わんない。つらい。

 

***

今日やったこと少ない。

 

昨日も三時半まで寝られず。深夜ターゲットを音読していた。

朝九時に起きてパン一枚食べたら、手が動かなくなった。食欲が減退していることに気付く。ご飯二杯くらい食べる時もあるのに。あー今日はヤバい日だな、と思う。食後にちょっと勉強した。

Twitterで「ALICE 2017」(http://www.span-art.co.jp/exhibition_other/201707alice.html)という展覧会を知ったので、行くことにした。が、着替えるのが面倒で面倒で、結局せめてもの服と髪のセットだけやって正午過ぎに家を出た。化粧はしなかった、というか無い。買わなきゃならない。

電車に乗ってTwitterを見ていたらフォローしてる人が海に行っていることを知る。あーぼくも海行きたいな、六本木なんて行ってる場合じゃないな、と思って青山一丁目の駅で座り込んでしまった。少しして、ギャラリー行ってから考えようと思って歩き出す。

 

古川沙織(@pinksalome)と沙村広明金子國義駕籠真太郎(@shintarokago)と森馨(@kaoru_mori)が目当て。古川沙織さんの画集と、山本タカトさんのポスターを買った。出費がすごい。で、この展覧会は来て良かったなと思った。

映画用語でしょうか、「スプリットスクリーン」てご存じですか。画面を複数に分割するやつです。あれ、好きなんですよ。イメージがはっきり提示されないのが好き。そんな感じの絵がありました。

あと菊地拓史という作家さんの作品で、箱のなかに色々小物を詰めてる作品があったんですが、あれジョセフ・コーネルの影響かな。何にしても格好良かった。めっちゃ質素。買いたかった。明日までなので、ぜひ六本木へ。

 

でも。

帰ってきたのは午後四時ごろ。なぜかスマブラをやったけど、コントローラを動かす気力がない。フォックスがぼとぼと落ちていく。わたしはWiiの電源を切る。

 

そういえば今日はパン一枚しか食べてない。空腹は心身ともに悪いな、と思ってスープを飲んだ。

 

ものすごく眠くなって寝た。起きたら八時くらいだったのでご飯をたくさん食べた。一言も喋らなかった。

 

そういえば、昨日知り合いから連絡が来た。こちらこそ気を遣わせてごめんねという感じだった。どういう意味なんだろう。わたしが謝罪したから仕方なく連絡したのか。それとも本当に忙しいのか。何にしても、連絡がスムーズに行ってないのは事実だし、知り合ってばかりでこうなのだからこれからもそうなのかもしれない。違うかもしれないけど。

 

寝る二時間前にはPCやスマホの画面を見ないで、ブルーライトがアレです、というので早めにこれを書いている。書き終わったら何をしよう。何もする気力がない。いや、これもまでもそうだったはず。やるしかないのかもしれない。受験生の言葉、という感じだ。

 

多摩美術大学と武蔵野美術大学のホームページを見る。写真とかコラージュやりたい人は学部どれなんだろう。分からない。クリックする気がなくなっていく。

 

感情を無視しなきゃならない。機械的に暗記して、読んで、書いて、連絡して、自分が過去どこにいて未来何をするのかも考えない。

浅野いにおおやすみプンプン』と『デットデットデーモンズデデデデデストラクション』を読んでいた。面白いという感情以外に何も発生しなかった。ひたすら読んだ。

 

大学に行くためだ。それだけのため。違う。勉強の一つ一つに価値があることは分かる。面白いとも思う。だから今やっているのだ。

 

はいはい、散々悩んだこと。