1/3

オーネット・コールマンかっこいいと思った。彼はフリー・ジャズの元祖とwikiに書いてあります。フリー・ジャズとは、いかなる西洋音楽理論や様式にも従わないという理念のジャズだとwikiに書いてあります。菊地成孔『ルペ・べレスの葬儀』について少し調べたらフリー・ジャズというワードが出ました。ガンダムサンダーボルトのサントラとかも菊地成孔がやってるそうです。opとかとてもかっこいいと思います。はい。

 

僕がなぜ鬱になるのかというと単純につらいことがあるからなのですが、それは努力でどうにかなるのではないか疑惑が出てきました。つまり自力で頑張ったら鬱回避に成功できるのではないか?  つらいのは頑張らないからなのではないか?  つーことです。

最近鬱にすらなってません。それはここ一週間家から出てないこと家族以外と喋っていないことなどが理由に挙げられます。かといって全てが流暢に上手く行ってるのかというと逆で全てが渋滞しており、トイレや身体を清潔に保つ行為を除いてその他の動きを失いました。そういう感じで感情も欲求もありません。

がフラフラとTwitterを見ていたら小林銅蟲やら大童澄瞳やらの漫画が面白いことに気付きました。正確に表現すると、自分が「面白い」という感情を持っていると確信しました。ネットに載ってるの読んだだけだけど。小林銅蟲の卵白ラジオ第四回というのもYouTubeで見ました。そのラジオでは、彼らが今何の話をしているのかが分かりやすいし、分からない/興味ないものに関しては無視するといった彼らの態度も面白いと思いました。

 

この体験によって僕の何が変化したのかというと、僕は(なんという調子の乗り様でしょうか)身の回りの9割9分つまらないコンテンツだなと思っている面があるのでそれに対して「○○がつまんないんだけど」「○○がイラつく」と正直に投げ掛けることは重要だと思いました。人に言うかはともかく自分のなかではっきりしておくことが重要だと今は思います。あと日頃から興味を広げるのもセットでやんないと単なる文句言うだけのバカなのでそれもやります。

 

てか生の対価がちゃんとしてれば上手く生きようと努めてもいいかなとなるのであり、あんな面白い漫画が読めることは生の対価として僕からすれば十分だと思います。

 

 

 

センターの選択科目を世界史から倫理にした。倫理のテキストと過去問が家に届いた。割と知ってる範囲が多い。いけるかも。今勉強しないと今年は落ちる。なんとなく勉強をしている。なぜかわからないまま。

 

でも何の目的もなく、やりたいからやるということもなく、行為をするというのは実際どうなのだろう。まぁセンター試験が心配なのでやるのですが、なぜ心配なのか分からない。だって大学行きたくないんだったらセンターとかどうでもいいじゃんと思うのですが、今は心配なので。なんで僕は大学を目指して色々やってるの?  なんで社交術とかで悩んでんの?  よく分からない。本当によく分からない。

 

まぁいいや。とりあえず藝大合格まで歩を進めるように努力するか。完全によく分からない。よく分からなすぎて二時間に一回笑っちゃう。なんか流れがあるので頑張るようにするか。頑張ることの難しさを堪能するか。堪能することの面白さを堪能するか。流れがあるからやる。それ以外の判断基準がない。謎の流れ。錯覚とも言う。でももういいや。めんどくさい。どっちでもいい。どんな生き方をしても何でもいい。どんな選択をしようと本当に全ておっけーです。とりあえずメリットもデメリットもよく分からないし、努力で何とかなることが割と多く存在するっぽいことは分かった。てことでやります。やる流れなので。

 

ところであなたは料理とかしますか。全部家族に作ってもらってますか?  外食で済ませますか?  料理やるよーという人は、どんな料理が得意ですか。はじめて作った料理は何ですか。パンケーキとか作りますか。僕はパンケーキとスクランブルエッグを頻繁に作ります。面白いし美味しいからです。スクランブルエッグに関してですが、強火にしてフライパンの上でバターをかなり多めに溶かします。で卵を投入するのですが、投入した瞬間にフライパンを持ち上げて(うちはIHなので、持ち上げた瞬間に冷えていきます)さいばしでぐちゃぐちゃやると、柔らかく固まったトロトロのスクランブルエッグが出来ます。変に中火とかにしないことが肝です。これをパンにのせて食べます。油が多いのでお腹一杯になります。僕からは以上です。意図せず飯テロをお見舞いしました。それとも飯テロとして不成立でしょうか。急にこんなことを言う理由は、今僕がお腹減ってるからです。飯テロ自爆です。どこかからの帰宅途中で極限まで空腹になると、家の近くでお菓子を買う行為は愚かだと思います。つまり私は愚かなのですが、僕の中の理性的人格が言うには「もっと優雅にやれ」とのことです。分かりました。思うに「優雅」とは、友人の家に招かれ、お土産に数種類の飲み物を用意し、まるで子どもがドリンクバーでコーラとメロンソーダとカルピスを混ぜて遊ぶように楽しむことなどだと考えます。あるいは1日利き手を使用しないで生活してみた、という挑戦をセンター試験当日に行うことなどが「優雅」だと考えます。その例えじゃまだ優雅さは足りない?  あるいは、え?そんなものが優雅さだっけ?  もっと「ロココ式」とかいう奴でオホホな感じじゃないの?と思われたかもしれません。そうかもしれませんね。優雅さなんて知りません。

 

広告を非表示にする